採用情報

細田直史(生活支援員)

Interviewインタビュー

みんなが笑顔になれるように!
利用者の方々と家族のような信頼関係を築けています。

施設名 見真学園
入職年 2015年 中途入職
 

1日のスケジュール

8:00
出勤、朝食介助
10:00
おやつ
12:00
昼食
13:00
休憩
※利用者の方々と一緒にお昼寝をしたりします。
15:00
入浴介助
※入浴介助は男性職員のお仕事です。
17:30
夕食
18:00
退勤
 
質問
現在の仕事内容を教えてください。
利用者の方々の日常生活の支援をしています。食事やお風呂、入浴の補助やゴムのバリ取り作業、運動などを行っています。
 
質問
順源会に入った理由は何ですか?
子どもたちと一緒に生活ができ、たくさん接することができるからです。元々、学校卒業後はリハビリテーション病院で作業療法士として働いていました。そこで担当した子どもが途中から見真学園に入所し、入所前が嘘のように生き生きとした表情を見せるようになりました。
子どもたちともっともっと携わりたいと思い、順源会に入りました。
 
質問
仕事のやりがいは?
利用者の方々の人生にたくさん関われることです。長い時間一緒に生活してるからこそ、色々な変化が見えて小さな変化にも直ぐに気づき、支援につなげることができます。またマイクロバスやフォークリフトの免許を取得させてもらい、自分自身のスキルアップに繋がっている点もやりがいを感じています。
 
質問
順源会の好きなところはどこですか?
とにかく職員同士の距離が近いところです。職員全員での飲み会やソフトボールをしたり、カープ観戦に行ったりと休みの日も一緒に過ごすぐらい仲が良いです。
 
質問
業務経験の中で一番印象に残っていることは?
毎月色々な場所に行ける中で、職員と利用者全員でログハウスに泊まったことが印象的です。
みんなと一緒にプールに入ったり、ご飯を食べて、家族のような信頼関係を築けました。